福岡県福岡市 就業規則の作成・届出および給与規定、育児・介護休業規定、通勤規定など個別の社内規定の作成・届出を支援・サポート。就業規則や個別規定の変更・修正にも対応致します。福岡市の行政書士・社会保険労務士事務所
就業規則・社内規則作成支援室
このホームページは次のような方のために作成しました。
・会社の実状に応じた就業規則を作成したい
・個別の規定を作成したい
(給与規定、育児・介護休業規定、退職金規定、通勤規定、個人情報保護規定など) 
・現在の就業規則の変更・修正を検討している
・アルバイトの方に対応した就業規則・個別規定を作成したい

行政書士・社会保険労務士平塚桂太〒810-0073 
福岡県福岡市中央区舞鶴1丁目4番1号ハイザックビル706号  
TEL:092(737)8830   FAX:092(737)8890
メール:info@hiratsuka-office.com
営業時間 月~土 10:00~17:00

 行政書士・社会保険労務士平塚事務所の総合ホームページ  行政書士・社労士平塚のブログ

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。  電話:092(737)8830

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円     事務所までの地図

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。

 |トップページお問い合わせ・お申し込みお客様の声料金について事務所案内提携の専門家 |
就業規則について

就業規則の記載内容について
・必要記載事項
・相対的記載事項
・任意的記載事項

就業規則のチェックポイント
・作成の際に押さえておくべきポイント

就業規則と同時に作成すべき個別の規定
・就業規則とは別に作成しておくことをお勧めする個別規定

アルバイトの就業規則について
・アルバイトの方のための独自の就業規則

個別の規定について
 
給与規定


育児・介護休業規定

通勤規定

退職金規定


個人情報取扱規定


電子メール・ネット閲覧規定
・個人の情報端末の利用制限について

セクハラ・パワハラの防止規定

その他の個別規定
・マイカー業務使用規定
・在宅勤務規定
・人事考課規定

就業規則の見直し
 
就業規則の見直し
・見直しのチェックポイント

業務の流れについて
 
ご依頼時の業務の流れについて

・就業規則の作成
・就業規則の見直し

ご準備いただくもの
 
ご確認・ご準備いただくもの
 
依頼するメリット
 
当事務所に依頼するメリット


提携している専門家
 
提携している専門家

料金について
 
料金について
(業務内容について)
・就業規則の新規作成、見直し
・個別規定の新規作成、見直し

お問い合わせ・お申し込み
 
お問い合わせ・お申し込み

事務所での面談相談

無料メール相談


行政書士・社会保険労務士平塚事務所について
 
平塚事務所の総合ホームページ


(行政書士業務)

会社設立

建設業許可申請

公正証書作成

離婚協議書作成

示談書・合意書作成

遺産相続手続き

遺言書作成

内容証明書作成

(社労士業務)


労働保険・社会保険手続き、届け出

採用・退職サポート

給与計算

就業規則作成・変更

労使協定作成

事務所案内

平塚事務所のサイトマップ

特定商取引法に基づく表示
 ・免責事項・プライバシー



<就業規則の作成が必要なケース>

就業規則とは、労働者の賃金や労働時間などの労働条件に関すること、職場内の規律などについて定めた職場における規則集です。

■就業規則の作成が必要なケースとは?

常時10人以上
の労働者を使用している事業場では、就業規則を作成し、過半数組合または労働者の過半数代表者からの意見書を添付し、所轄労働基準監督署に届け出る必要があります。

■常時10人以上の労働者とは?

一時的に10人未満になることはあっても、常態として10人以上の労働者を使用している場合も当てはまります。なお、労働者の中には、パートタイム労働者やアルバイトなども含まれます。

■意見書の添付とは?

就業規則は、労働者と使用者の双方が守るべきものですので、その存在・内容を労働者がほとんど知らないということを防止するために、就業規則の作成・変更の際は、事業場における過半数組合または労働者の過半数代表者の意見を聞くことが義務付けられています。


(労働者が10人未満の職場でも作成を検討してみてください)
会社の業種・規模や労働者の人数に関係なく、就業規則を作成されることをお勧めします。
職場内のルール明確にし、使用者・労働者間で共有できる
使用者・労働者間のトラブルを未然に防げる

上記のように10人未満の会社であっても就業規則を作成するメリットは大きいです。
ぜひ作成をご検討いただければと思います。


<就業規則の役割、作成するメリット>

就業規則の役割について、代表的なものです。

職場でルールを定め、使用者と労働者がそれを守ることで労働者が安心して働けるようになります。

使用者と労働者の間の紛争・トラブルを防ぐことができます

就業規則には、「労働者の権利」と「労働者の義務」に分かれており、その権利と義務を明確にしますので、労働者の身勝手な問題行動や理不尽な言動を少なくし、労働者が問題を起こしにくくなります。

労働条件や昇給・賞与の基準を明確化されるため、労働者のモチベーションアップにつながります。


<就業規則の届出・周知について>

(届出)
就業規則が完成し、従業員代表者の意見を聴取し、意見書の作成準備が完了しましたら届出を行います。

届出先 : 事業所を管轄する労働基準監督署

【提出する書類】
就業規則
意見書
個別の規定
(就業規則とは別の個別の規定がある場合:賃金規定・育児介護休業規定、通勤規定など)


(周知)
就業規則は、各作業所の見やすい場所への掲示、備え付け、書面の交付などによって労働者に周知をしなけれなりません。

「周知」については労働基準法に規定があり、就業規則の作成・変更手続きの重要なステップとなっておりますので、下記のような方法で取り組んでください。

【周知する方法】
常時各自勤務場所の見やすい場所に掲示する、または備え付ける
書面で労働者に交付する。(例:採用時に手渡し、確認してもらう)
パソコン等機器を設置し、労働者がいつでも自由に閲覧・確認できる状態にしておく。


◆社会保険労務士は、社会保険労務士法に基づく秘密保持義務が課されています。安心してご相談・ご依頼ください。
社会保険労務士第21条(秘密を守る義務)
開業社会保険労務士又は社会保険労務士法人の社員は、正当な理由がなくて、その業務に関して知り得た秘密を他に漏らし、又は盗用してはならない。開業社会保険労務士又は社会保険労務士法人の社員でなくなった後においても、また同様とする。

◆行政書士は法律で秘密を守る義務が定められております。安心してご相談・ご依頼ください。
行政書士法第12条
行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする。

当事務所の行政書士業務 ➡ 行政書士のHP こちらからどうぞ


無料相談、お問い合わせ・お申込みはお電話や下記のフォームからお願い致します。

電話:092(737)8830   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。 

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。



 お問い合わせ先
〒810-0073
福岡市中央区舞鶴1丁目4番1号ハイザックビル706号  
TEL:092(737)8830  FAX:092(737)8890
メール info@hiratsuka-office.com
営業時間 月~土 10:00~17:00


当事務所運営サイト行政書士・社会保険労務士平塚事務所の総合ホームページ

【会社・ビジネス】
○株式会社設立 ○合同会社設立 ○定款変更・議事録作成

○事業資金調達 ○事業計画書作成 ○労働保険・社会保険の手続き、届け出

○従業員採用・雇用、退職手続き  ○就業規則・その他の個別規則の作成・変更

○労使協定作成サポート  ○給与計算業務
  ○助成金申請サポート


【許認可】
○建設業許可 

【遺産相続・遺言】
○遺産相続手続  ○公正証書遺言作成 ○自筆(手書き)遺言書作成

○遺言執行手続きサポート ○相続財産目録作成 ○戸籍謄本取寄

【公正証書・離婚】
○公正証書作成  ○離婚協議書作成   

【示談・内容証明書】
○示談書・合意書・和解契約書作成  ○内容証明書作成


 〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2016行政書士平塚事務所 All Right Reserved